■■■ 犬糸 ■■■

柴犬太郎さんの毛をお預かりしました。

 

柴犬さんの毛は本当に個体差が激しい…!

とてもよく縮れている毛なのですが、やはり短さと硬さがネックになります。毛が短い&硬いとどうしても毛の先端がチクチク感の原因になってしまいます。

今回はお試し紡ぎで制作した毛糸を実際に触っていただき、ちくちく感が気になるとのことで「羊毛との混紡」で本紡ぎいたしました。

 

毛糸の表面には柴犬毛が出てきています。羊毛が毛糸の芯になり、短い犬毛が起毛しているせいです。

編み作業中や使いはじめはやはり絡みが甘かった犬毛が落ちてきてしまうのですが、これは衣料用に品種改良されていない犬毛の限界、とご了承ください。撚りをぎっちぎち&ギリギリッと入れれば落毛は多少減るのですが、撚りがきつすぎると「毛糸」ではなく「ロープ」になっちゃうんですよね…。

 

どんな作品になるのかな、とても楽しみです♪

【犬:柴犬】
【犬毛50%羊毛50%犬糸】
【46g】

【2017年制作】



■■■ 犬糸 ■■■

黒柴さんの毛はお初です。
黒柴犬の楽さんの毛をお預かりし、100%犬毛の犬糸を紡ぎました。

長めのアンダーコートは問題なく紡げたのですが、おそらくは換毛期に抜けたと思われる短い毛の束…これが超!難敵でした。
毛の束をほぐせば散る、紡げば散る、毛糸にしてさばいても散る…。アンダーコートに比べて硬くて短いために、作業を進めていくたびにどうしても目減りしてしまうのです。
これまでお預かりした赤柴さんたちと比べてとても短かったので、年齢や個体差かな、とも思います。

無事お納めできて、本当に良かった……本当に安堵しました。
かわいい編みぐるみになるといいな♪


【犬:柴犬】
【犬毛100%犬糸】
【300g】

【2014年制作】


■■■ 犬糸あみぐるみ ■■■

 た、大変にお久しぶりになってしまいました…犬猫部、活動しております…。(こそこそ)

さて!

柴犬ラッキーくんの毛をお預かりして、あみぐるみを制作いたしました。

ええと……とてもとても難産でした(苦笑)。
ご依頼主さまにも、とってもとっても骨を折っていただきました。

あみぐるみ(だけに限りませんが)を作る際、作成する私たちひつじやと、ご依頼主さまの「認識」を同じにすることが大切だと本当に感じました。
というのも、ひとことで「あみぐるみ」といっても1.5頭身系のデフォルメタイプもあれば、リアルタイプもあります。顔立ちはどうなのか、大きさはどれくらいにするのか。そもそもそのサイズを作るのに犬糸は足りるのか等など…決めることは本当に山ほどあります。
何度も何度もメールのやりとりをさせていただきました。

そして次に、沢山の写真を送っていただきました。
今回は「リアルに近いもの」でしたので、後ろ足一つとっても、胴体のどのあたりからどういう骨と関節で出来ているのかを考えないと「犬らしくない」姿になってしまいます。
「できるだけ多方向から撮ったものを、あるだけ頂きたい」とお願いし、実際いただいた写真は20枚近く…。
本当にお手数おかけしました。


あみぐるみは本当に難しいです…ッ!





【犬:柴犬】
【犬毛100%犬糸+羊毛毛糸のあみぐるみ】
【26g(茶色い部分のみ)】
【参考価格¥13,120】

【2010年制作】
【糸紡ぎ:小野寺照枝】
【編み:小松えり奈】



■■■ 犬糸 ■■■

柴犬のチャロちゃんの犬糸です。
チャロちゃんの毛をマフラーにしたい、ということでお預かりしました。

試し紡ぎをしたときに少し土ぼこりが気になったので、ご了承をいただいて、お預かりして最初に洗いの工程に。
羊毛と比べるとやはり毛が短いので、大きなメッシュ状のランドリーバックに入れたまま優しく優しく洗いました(下手にランドリーバックから出して洗うと、水流に流されて目減りの原因になりがちです)。

今までお預かりした柴犬ちゃんたちの毛と比べて、チャロちゃんの毛は黒っぽい毛が多く感じました。
50%毛糸には白い羊毛を足したので、100%と50%とで少し色の差が生じました。(この色の差があると色々と使えそうということで、半々の量になるようご注文いただきました)

短毛種ということで最初はおっかなびっくり紡いでいた柴犬毛ですが、下手に長い犬毛よりも扱いが楽であるということに最近気がつきました。
短くても毛に十分に縮れがあるので、毛が互いに絡みやすい=毛糸にしやすいのです。

******

写真を戴きました〜。

房付きのマフラーを3本と、ニットキャップを
編まれたそうです。

ありがとうございます!!




【犬:柴犬】
【犬毛100%と50%の犬糸】
【740g】
参考価格¥67,600

【2008年制作】






■■■ 犬糸ミトンとキーケース ■■■

さてふたたびの柴犬ちゃんです!
送っていただいた写真のタイトルが「お願いッ」でした。凛々しいのに可愛い〜!

今回は小さなミトンをご注文いただきました。

犬毛50%と羊毛(メリノ)50%の混紡です。
出来上がりサイズ手首周り約15cm、手首から指先まで約10cm、紐の長さ約30cm、約27g。
参考価格¥9,920(犬糸は40gで計算)。

編みまでを請け負わせていただく場合、途中で「犬糸が足りない!」なんてことが起きないよう、どうしても大目にお見積もりをさせていただいています。(わんこちゃんによって毛の重さと出来上がり糸長の比率が違うので、ホント毎回頭悩ましてます…)
そうするとやっぱり犬糸が余るので、余った毛糸で一品作り、一緒にお送りしています。

今回余った毛糸でキーケースを作りました。(出来上がりサイズ約6.5cm×12cmで15g)
丸い玉のついた皮ひもの先、筒の中に金具が隠れて、そこに鍵をつけることができます(玉を引いたり押し込んだりすると、鍵が出たり入ったりする)。
ちなみに玉の中も犬糸がパンパンに詰まっております。



【犬:柴犬】
【犬糸ミトン+キーケース】
【27g】
【参考価格¥9,920】

【2008年制作】




■■■ 犬糸ネックウォーマー+リストウォーマー ■■■

これまで比較的長い毛の子たちばかりだったのですが、初短毛わんこちゃんです。
柴犬のリクちゃん。う〜ん、凛々し〜い!

冬のお散歩グッズということでネックウォーマーのリクエストをいただきました。
耐久性と使用感を考え、今回は犬50%羊50%の混紡です。

通年すっきりして見える柴犬ちゃんですが、実は冬の間、ふかふかのアンダーコートを沢山まとっているのだそうです。
今回、春に抜けたその「冬の間のふかふかアンダーコート」を使いました。保管状態が大変よく、フェルト化しているところはまったくありませんでした。
大変短い毛だったのですが、これが毛糸にしたときにみっちり毛糸の表面に出てきて、大変保温力のある毛糸になりました。さすが冬毛。
私自身は「ちょっとチクチクするかな?」と感じたのですが、実際に触っていただいたところ「問題ありません」とのことでした。

夏〜秋のイベント期ということで大変お待たせしてしまい(本当に申し訳ありませんでした〜!)、余った毛糸でリストウォーマーも編んでみました。(こちらも同じく50%づつの混紡)
筒状に編んでありまして、途中親指を出すための穴が開いております。手袋と違って指先が自由に動くので、散歩中のウ○コの始末のときも外したりはめたりという手間がありません。(混紡でよければ、犬毛15g〜30gほどあれば作れます♪)




【犬:柴犬】
【ネックウォーマー(8cm×40cm)】
【約24g】
【参考価格¥11,250】

【2007年作成】