■■■ 猫糸 ■■■

アビシニアンのディンブラくんの毛をお預かりしました。アビシニアンの猫さんは、みなさん本当に美形揃いですね。眼福眼福。

昨年15歳で虹の橋を渡ってしまったディンブラくん。極力お預かりした毛を減らさないように、と落ちた毛を足しこみ足しこみ毛糸にしました。

短毛種の猫さんの毛を紡ぐときは、他の仕事を全部片付けて「いま目の前にある猫糸のことだけ!」考えながら一気に作業をすすめます。
ふ、と一瞬でも気が抜けると、本当にその瞬間に毛が手からするっと逃げ出して毛糸がちぎれてしまうのです。

なかなかに集中力の維持が難しい100%猫糸紡ぎですが、それだけに出来上がったときの喜び、お客様の喜びの声を聞いたときの達成感はものすごいものがあります。

*****

写真を戴きました〜。
お納めした猫糸でマフラー(20cm×120cm メリヤス)を編まれたそうです。
ちくちくする&硬くて短い毛が抜けるので着用はやはり無理とのことですが、形にできたことを喜んでいただけたので本当に私も嬉しいです。

ありがとうございます!!



【猫:アビシニアン】
【猫毛100%猫糸】
【140g】

【2012年制作】
【糸紡ぎ:小野寺照枝】



■■■ 猫糸 ■■■

アビシニアンのカッツェさんの猫毛をお預かりしました。
なんと麗しい美猫さんでしょうか。そのおててに触らせていただきたい〜(怒られそうだ)。

10年ほどかけて集められた毛。お星さまになってしまったカッツェさんの毛ということで、100%のご要望をいただいてお預かりしました。
多分、これまでお預かりした毛の中で一番短かったと思います(カット毛は除く)。

アンダーコートは短くてもとても柔らかかったので問題なかったのですが、やはりネックは硬いオーバーコート。

オーバーコートは硬くて短く、しかもアンダーコートとは絡みにくい毛質のため、毛の方向を揃えたり紡いだりしているうちにポロポロ落ちて目減りしてしまいました。
極力拾い上げて毛糸に足しこんでいったのですが、今回のケースでは最終的に3g減っています。(こればかりはもう毛質上仕方のないことなのですが…)

毛が短い → 毛を捩じらせて互いに絡ませても接点が少ないため、引っ張る力に弱い → 耐久性にかける毛糸になります。
それを補うために、「3本の矢」ではありませんが複数本あわせてより合わせています。

極力毛が落ちないよう、いつもよりも撚りをきつめにしました。

******

写真を戴きました〜。



なんという……!!(感動)

編んでいる最中の思い出話とか聞かせていただけて、本当に今回糸作りのお手伝いさせていただけて良かった〜!と心から思いました!
ありがとうございます!!





【猫:アビシニアン】
【猫毛100%猫糸】
【68g】
【参考価格¥8,160】

【2010年制作】