■■■ 犬糸 ■■■

2回目のリピートご注文をいただきました。
嬉しいな♪

ラブさんの毛はとにかく短いので、いかに目減りさせることなく、拾い上げて毛糸に混ぜ込んでいくか、が腕の見せ所かもしれません。
(でも減ってしまうんですよね…)


作業中はエプロンをかけているので、膝の上に落ちた毛も拾って、えいえいと足しこんでいます。




【犬:ラブラドールレトリーバー】
【犬毛50%犬糸(茶色の羊毛と混紡)】
【100g】
【参考価格¥10,300】

【2010年制作】
【糸紡ぎ:小野寺照枝】


■■■ 犬糸 ■■■

ラブラドールレトリ−バーさんの犬毛をお預かりしました。

さすがに犬の短毛種、猫の短毛種とは異なり毛がどうしても硬く、100%犬糸は紡ぐことができませんでした。
(猫毛のように柔らかければ100%でも紡げる場合もあるのですが、今回は硬さがあったため、どうしても難しくて…)

白いわんこさんなのに、出来上がりはなにゆえ茶色の毛糸かというと…。

茶色の羊毛(染めたものではなく、天然のカラードシープの毛)と混ぜて「犬毛50%の犬糸」を紡いだため、なのです。


暗黙の了解というか、「混ぜるなら同系色」という思い込みがあったので、「違う色の羊毛を混ぜて紡ぐとどうなりますか?」というお申し出にちょっと目からウロコがポロリと落ちました。
そうですよね、白い羊毛に白い犬毛だと、どこに犬毛が混じっているのだかさっぱりわからない状態になってしまいますもんね。





【犬:ラブラドールレトリーバー】
【犬毛50%犬糸(茶色の羊毛と混紡)】
【17g】
【参考価格¥2,820】

【2010年制作】